2013年08月18日

お風呂で出来る、インナーマッスルの鍛え方

簡単に出来る、インナーマッスルの鍛え方です。
今回は、お風呂でします。

以前ご紹介した、お腹を凹ませる呼吸法の
お風呂版です。

実は、お腹凹ませる呼吸法って
続けると体温上がって汗をかきやすいんです。

寝た状態でする。の、ステップアップ版で
お風呂に浸かりながら
息を吐き、お腹を凹ませます。

ここ迄は、寝転がった時と同じですが
実はこの後
凹ませたまま維持し
呼吸をします。

つまり、お腹を膨らませないよう
凹ませたまま、吸って吐くんです。

これが長く出来ると、体がぽかぽかして来ます。

つまり、汗をかきやすいんですね♪

ですから、お風呂の中でする時
上手に長くお腹を凹ませていられると
汗が出て来ます。

また、お湯で水圧もかかるので
ウェストを細く出来て一石二鳥♪

熱くなったら、ちょっと冷たいシャワーを浴び
また、トライしてみる。

この、熱い。冷たい。の繰り返し。
実は新陳代謝が良くなり
お肌が綺麗になりますから
お勧めです。

でもくれぐれも、ほどほどに。
水分はしっかり摂って!
のぼせにも、注意。

基本はやっぱり
気持ち良くする事。

無理に、熱いのに我慢したり
冷たい冷水を浴びるのは厳禁。

熱くなったら、心地よい温度の
シャワーを浴びる事。

ひゃっ!と冷たいのを我慢して浴びるのでは無く
最初はちょっと暖かめ。
肌が慣れたら、少しずつ、冷たくしてね♪

そしてお風呂から出たら
水分を摂りましょう!

脱水症状は、ひどくなると死んでしまいます。
だから、汗をかいたら水分を摂る。
は常識にして下さいね♪
スポンサーサイト
posted by まりりん at 12:42 | Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴方が泳げるなら…泳げなくても…。水泳でほっそり痩せる!

インナーマッスルを鍛え
姿勢を正すのに最適なのが、実は水泳です。

水に浮く事で
自然に牽引効果が得られ
身長が伸びたりもします。

ぶら下がり。
するより、楽ですね♪

出来れば水に浮き
ゆっくり、手足を動かすとより、いいです♪

水泳の基本は実は
けのび。
と呼ばれる
水に浮いた状態。

大抵の人は、沈むまい。
と手足をバタつかせますが
逆効果。

力が入ると沈むんです。

まずはけのび。

で、壁をぽん。と蹴って
すぅ〜。と水に浮くのを練習してから
沈まないようゆっくり
手足を動かすといいんです。

バタ足然り。
バタバタ水面蹴っても
水しぶきが上がるだけで
前へは進みません。

上手な人は、あまりしぶきを上げませんが
それは水面で無く、水中を蹴るからです。

また、クロールの時、手をばしゃっ!と
水に叩きつけても、進みません。

指先から水しぶきを上げないよう
すぅ〜っと。
水に入れてから、かく。

水の抵抗を、極力無くすんですね。

そして余分な力がかかると
水の中って直ぐ、力がかかった部分が沈むので
なるべく基本の
水に浮いた状態で
そっとゆっくり、手足を動かす。

沈む人は大抵
力んじゃって、余分な力がかかってるんです。

ほっとけば
人間は浮く生き物なんですよ♪

但し、筋肉で重〜い人は
確かに脂肪いっぱいの人より
沈みやすいようですけど。

でも余計に
余分な力入れると沈んじゃう事を思い出してね。

そして、水の中で動く事は
インナーマッスルを鍛える事に繋がります。

泳ぐのは苦手な人でも、水かき分けて
水中ウォーキングでも鍛えられます♪

これから暑くなるので
水中インナーマッスルトレーニング。
楽しんで出来る筈。

水圧が自然と体にかかるので
矯正下着とか付けるより
楽で気持ち良く
スリムに成れますよ♪
スポンサーサイト
posted by まりりん at 12:30 | Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インナーマッスルを鍛える事はダイエットの近道。でもインナーマッスルって?

インナーマッスルを鍛えると、ダイエットや体にいい。
って良く聞きますよね?

んじゃなんで、インナーマッスル鍛えるといいの?

大体、インナーマッスルって何?

はい。インナーマッスルって
内側、もしくは奥の筋肉で
普通のトレーニングでは、鍛えにくい場所で
内臓を護っているので
ここを鍛える事によって
基礎代謝が上がるんですよ。

基礎代謝が上がると
何が良いの?

貴方が若い頃とか子供の頃。
今より猛烈にたくさん食べても太らなかったのは
実は基礎代謝が活発だったから。

つまり基礎代謝って、運動しなくても
普通に生活してるだけで
生命活動を維持する為に
カロリーが勝手に消費されちゃう
体の機能の事なんです。

しかも基礎代謝が上がる。
っていうのは、若々しさの維持にも繋がります。

しかし、その基礎代謝を上げるトレーニング。
普通の運動ではあまり鍛えられないんです。

なぜって、内側、もしくは奥の筋肉ですから。

でも今では、このインナーマッスルを鍛える方法
色々発見されています。

勿論、呼吸法でもそうですし
色々な体操で具体的に体を動かす方法もあります。

今回、とりあえず超、簡単な
お腹部分のインナーマッスルの鍛え方の
ご紹介。

朝、起きた時(寝る前でもいいですけど…)
お布団の中で、仰向けになったまま
足首の曲げ伸ばし。

そう。足首です。

足首って実は、首や腰と連動していて
足首が硬いと腰、首も固まっちゃう。

腰は自覚しにくいですけど
首は凝ってるの、分かりますよね?

でもって首曲げ体操とかでもほぐれますが
やっぱり硬すぎると
めまいとか起きたり
ぐらぐらしたり…。

上に頭が乗っているので
迂闊に激しく体操するのは
やっぱり慎重さが必要とされます。

なのでそんな時は
足首を回したり
曲げ伸ばしたり。

足首の凝りがほぐれると
実は首や腰も、ほぐれるんです。

足首の曲げ伸ばし。
だけで、お腹部分のインナーマッスルも鍛えられ
更に首や腰の凝りもほぐれる。

だまされたと思って
さあ今日も、寝覚めに足首の曲げ伸ばし。
トライしてみて下さい♪

痛気持ちいい♪
が目安です。

足の裏が
気持ちいい〜♪

を目安にすると
いつの間にか肩こりとも
おさらばできますよ♪
スポンサーサイト
posted by まりりん at 12:21 | Comment(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。